テスト日産370Z GT 328CV 3.7gの自動

短い尾、長い鼻と後輪を駆動する大容量のV6エンジンの下に。この日本のスポーツはファンの大群を得ています。私たちは、マニュアルなしでバージョンをテストしました。 テスト:日産370Z自動。

真実は、このバリアントは、いくつかの弱点を隠していることです。この偉大なV6日産370Zはすぐにタコメーターの針に到達することができる7000ラップに到達するためのスロースタートを持っています。しかし、それはこの車のための優れた性能が得られ、この自動7速ギアボックスを停止しません:ニスモバージョン5.7は手動で行いながら、唯一、0から毎時100キロに行くために5.3秒を要します。しかし、彼らは私たちにロングスライドと、この送信の突然の挿入を確信していません。そして、ステアリングホイールのパドルでハンドリングマニュアルの答えは、それがやや遅いようで、運転の楽しみを減らします。

VIDEO:Resyling 370Z

 

 

方向は、私たちに通信不能と思われる、と湾曲セクションに直面したときには、自信を与えるものではありません。しかし、それは適応の問題です。そのバランスの取れた重量配分としてチェックして、それが防衛を飼いならすと、制御ドリフトを実行することがいかに簡単か、私たちは本当に機敏な運転を行うことができます。その低いヘッドルームが狭義を送信して批判の最後の点は、コックピットです。

結論

私はあなたが自動バージョンの最高のパフォーマンスを忘れるとgetをお勧めします自分自身の手動はるかに良い370 Zの気分で、あなたがスポーツのシャーシを節約お金を投資する場合は、スポーツ本物の古い学校を持っている家、かなり競争力のある価格。

結論

ベスト

パフォーマンスの大幅な改善は、今や5.3秒で0から100まで加速します。

最悪

レイジー反応の変化と引っ張ります。拡散方向。


Понравилась статья? Поделись с друзьями: